EMC試験がとても大事な理由に関してのこと

そもそもEMC試験とは

EMC試験とは、要するに電気器機が電磁波に対してどのような耐久性があるのか、という試験のことになります。ElectroMagneticCompatibilityのことであり、その試験のことを指しています。どうしてそんなことが重要であるのか、といいますと電気器機自体が電磁波を発していることになるからです。つまりは、自分自身の電磁波にも影響があることがあり、それに対して誤作動などか起きないかどうか、という試験は様々な機械において必須でしょう。

どんなことをするのか

例えばその電子機器がどの程度の電磁波を発しているのか、ということを計測したりします。これは特にいえることは人体への影響を調べる必要があるからです。市販される機器としてはそれをクリアする必要性が確実にあるからであり、まず調べないとけないことであるといえます。また、周囲からの電磁波の強さも測定することになりますが、こちらはその電子機器自体の電磁波に対する耐久性の試験ということになります。方向性が違うわけです。

試験をしてくれることになります

開発企業がその過程において行うような試験ではあるのですが、一般の家電製品を持ち込んでやることもあります。要するに調査をする、ということです。EMC試験にもいくつかの工程があり、予備試験もありますし、正式な認証試験もあります。或いは既に現場で稼動している機械に対して行われることもありますから、まさにやり方は様々であるといえるでしょう。具体的にはその手の試験を請け負っている企業に話を持っていくとよいです。

EMC試験とは、外部の機器から出ている妨害波に対する耐性試験と自身から出ている妨害波を測定する試験が有ります。