とても生産性が上がる魅力的な酸洗いがあります

酸洗いとはの解説について

金属加工でバリ取りや表面仕上げに苦労することがありますよね。最終的には人の手がかかるほどの重要な工手になったりしますよね。とても品質が安定しにくく管理するのが困難な工程の一つでしょう。それを解消するのが酸洗いという化学を使った対応です。酸性に金属を浸すことで微細な金属を溶かして除去するという理屈です。つけるだけでいいのでとても簡単な工程になります。また、設備的にもシンプルですので安いですので安心です。

酸洗いの設備の説明。

酸洗いの設備は、基本バスタブに酸性の液体を充填してそこに製品をつけるというシンプルなものですよ。後はオプションで自動化に寄与するものがたくさんあります。例えば、自動で製品を漬けたり出したりする装置やタイマーやシャワーやノズルなどがありますよ。ニーズに応じて様々な改善をすることができるシンプルな構造です。通常人間の手が届かないクロス穴などにはノズル制御がより高品質を実現することができますよ。液体もノウハウの一つですね。

酸洗いの注意点について

何でもかんでも金属を溶かすというものではありませんよ。あくまでも微細な金属を除去するということで、金属の大きさと酸性液体の組み合わせが重要です。そして、その金属の大きさを管理する前工程の品質があってこそ効率的な高品質が実現するのですよ。実験を重ねて育成することが重要な要素になります。これができると、多数個の処理や人の手が届かない部位への処置が確実にできて品質の安定したエッチング工程が実現しますよ。

酸洗いは人体に有害な薬剤を使用するため安全管理が不可欠です。皮膚に触れるだけではなく、気化した成分を吸い込まないように換気やマスクの使用を必ず行うように心がけます。

酸洗で見つける
リン酸処理を検索